山口県の方言・山口弁豆知識

かんたん買い物方法

 

選べる無料のオリジナルラッピング
熨斗
検索
Excel注文シート(山口県光市本店)
FAX注文用紙(山口県光市本店)
メッセージカード
挨拶状・法要礼状
焼き物・陶器・磁器市場
2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

 

 

Googleplus

 

Instagram

 

RakutenPay

 

AmazonPay

 

Gmopoint

 

Gmopoint

 

赤い羽根募金プロジェクト
 
山口県の方言(山口弁豆知識)【山口県光市本店通販部】

山口の方言とは

山口弁は地域内での方言差が小さい方言です。平家の直轄地時代、大内文化、毛利氏の長州藩(周防・長門)が江戸時代を含め長期にわたり支配していた歴史もあるのでしょう。近隣の福岡県や広島県の方言も少し混じる特徴もあります。
山口県の中でも西部と東部で少し濁ったり、そんな方言使わんっちゃ!っという場合もあります。他所の地域に比べると標準語に遠からずではありますが多少分かりづらい方言も多いようです。方言区画上の分類としては、中国方言のうち、広島県西部方言(安芸方言)や島根県西部方言(石見方言)とともに西中国方言に属するとされます。また、中国地方南部に分布する山陽方言に分類されることもあります。防長方言、長州方言、防長弁、山口ことば、萩ことばなどとも言われています。

山口弁のアクセントやイントネーション

関西では共通な地域も多いのではないかと思いますが関西では共通な地域も多いのではないかと思いますが「くつ」や「ふく」など一文字目と二文字目の音の高さが違う場合もあります。山口方言の特徴は、「ニャン、チー、チュー」のネコとネズミの鳴き声で表現されるように連母音の融合と拗音化が非常に多い点にあります。アクセントは東京式アクセント(乙種アクセント)であり、音韻も含め、東京を中心とする共通語との類似性が高いようです。あとは母音をはっきりと発音しない撥音化や拗音化が多いのが特徴です。山口方言では「くつ」「ふく」など第一音にアクセントを置いて発音しますが著者も経験者ですがなかなか矯正できません。

 山口県の名産品やお土産の紹介   山口県のご当地グルメやお取り寄せギフトの紹介

山口弁紹介(解説)

≪標準語≫ ふぐ(河豚)
<山口弁> ふく

光ギフトセンターでも販売していますよ〜♪山口県民はフグのことを「ふく」と呼びます。福として縁起をかつぐというのが定説ですが、『ふぐ』という音の響きから連想される、『不具』とか『不遇』など山口県民は縁起のよくない言葉を避ける意味で「ふく」となったようです。

≪標準語≫ しんどい
<山口弁> せんない

山口県民はしんどい時や疲れた時は「せんないわ〜」と訴えてきます。つらい状態なので優しくしてあげてください。
方言としてよく使われる言葉ですので山口県民は当たり前に使います。

≪標準語≫ 終助詞
<山口弁> ちゃ・ちゃー

山口県民はよく「ラムちゃん」のような語尾を使います。ラムちゃんは「好きだっちゃ!」ですが山口県民は「すきっちゃ!」と告白してきます。けっこうカワイイと思いますので愛に応えてあげてください。

≪標準語≫ しっかり・キリっと
<山口弁> しゃんと・しゃんしゃん

山口女子に「しゃんとしー!」を言われるおとなしい山口男子は多いです。私たちは慣れてますが、他の地域の男子は萌えること間違いなしの魔法の言葉?です。

≪標準語≫ 接続助詞
≪広島地方≫ じゃけー
<山口弁> けえー・やけー

山口県民はよく「はだしのゲン」よりちょっとやさしい「好きやけーのう」「こっちやっとくけえ頼むわ」のような接続助詞を使います。広島訛りからの中国方言だと思いますがほんの少しやさしいイメージの山口県民です。

≪標準語≫ いけない
≪関西圏≫ あかん
<山口弁> いけん

共通の方言ではありますが山口県民が一番多用している方言です。「そのふく(河豚)食うちゃいけん!」

≪標準語≫ 背負う・かつぐ
<山口弁> かろう

山口県民は優しくて力持ちなのでよく「せんなそうやけ〜かろうちゃろう!※大変そうだから背負ってあげよう」と言います。年寄りと女性に優しい県民性なので遠慮せずに。

≪標準語≫ 幸いに存じます
<山口弁> しあわせる

近年、防府市を中心に『幸せます』がブームになっています。なんでも幸せが増すそうでなんと素敵な方言でしょうか!山口県民からのお手紙にも書かれることが増えているようです。素敵な言霊ですね♪

≪標準語≫ 壊す・壊れる
<山口弁> めぐ・めげる

山口県民はモノが壊れてると「ここめげちょるよ〜」と言います。企業の再生スローガンなどでよく使われるスクラップ&ビルドもメグ&ビルドに変更しましょう。

≪標準語≫ めちゃくちゃ
<山口弁> わや

山口県民は「わや」を多用します。全国的に使われる言葉ですが瞬発的に「わや!」とすぐ口に出します。山口県民にとってはインターネットの世界のwwwと一緒です。

≪標準語≫ 触る
<山口弁> いらう

山口県民は大事なモノに触られると瞬発的に「人のもんいらうな!」と怒ります。山口県人の大事な奥さんや旦那さん、彼女彼氏に手を出すのはやめましょう。わやされますよ。

≪標準語≫ 手伝い
<山口弁> てご

山口県民が手伝ってほしい時に「てごせーて!」と言います。山口県民は恩や義理を大事にしますので手伝ってあげると後々、大事な味方になってくれます。

≪標準語≫ 終助詞
<山口弁> 〜そ・〜ほ

「〜そ」は山口県中部で、「〜ほ」は山口県西部で使われる傾向にあります。「〜そ」「〜ほ」が上がり調子となるときは、疑問を意味します。行く-そ(行くんだよ)、やな-そ(嫌なのよ)、ええ-そ?(いいの?)、そうな-そ?(そうなの?)

ここが変だよ山口弁

≪標準語≫ 終助詞
<山口弁> 〜ちょる・〜ちょるんよ

山口県民は話の語尾に「知っちょる?」「結婚しちょるんよ〜」「飲んぢょる?」と語尾にちょる語が付きます。
ネズミ語かよ!と思いますが、きっとアナタにに親近感を感じてフランクに話しかけているのでしょう。横浜の〜じゃん!と近いですね。山口県のマスコット【ちょるる】もきっと「ちょる」からネーミングされたのではないかと推測されます。

≪標準語≫ すごく・とっても
<山口弁> ぶち・ぶり・ばり・ばち

山口県民の表現で「ぶちすごいんっちゃ!」とか「ぶち美味い!」などを使います。全国的にはヤンキー漫画などでぶち○○す!とかよく聞きますが、山口県民はふだんから「ぶち」を使います。地域によっては「ぶり・ばり・ばち」なども使うようです。
出世魚みたいな言葉ですが、山口県民は標準語のように使います。

≪標準語≫ 穴があく・穴があける
<山口弁> ほぐ・ほげる

山口県民はすぐに穴があったらすぐに「穴がほげちょる!」と言います。大したことじゃありませんが冷静に聞くと「ほげちょる!」って変すぎますよね(笑)畑にクレーターとかミステリーサークルがあった場合に使ってみましょう。

≪標準語≫ 疲れた・しんどい
<山口弁> えらい

山口県民は疲れると「えらいのぅ〜」「ぶちえらいっちゃ!」と意味不明な言葉が出てきます。
決して『偉い!』と言ってるわけではありませんので誤解されないように。

≪標準語≫ 元の位置に戻す
<山口弁> なおす

山口県民はモノを出しっぱなしにしていると「なおしちょけ!」「なおさんね!」と意味不明な言葉が出てきます。
決して『直せ!治せ!』と言ってるわけではありませんので戸惑わないように。

≪標準語≫ 届く
<山口弁> たう

山口県民はあと少しで手が届きそうだと「たう?」「たわんね?」と意味不明な言葉が出てきます。
決して宇宙語を話してるわけではありませんので軽蔑しないように。

≪標準語≫ 不精者・汚い・不潔
<山口弁> びったれ

山口県民は不精な人に対して「びったれ!」と意味不明なあだ名を付けます。
なにを言ってるのかわかりませんが、きっとアナタが臭いのか汚らしいんでしょう。

≪標準語≫ ふてくされる
<山口弁> はぶてる

山口県民はふてくされている人、キレてる人に対して「はぶてちょんのか?」と尋ねます。
なにを言ってるのかわかりませんが、きっとアナタがふてくされた表情・拗ねた態度をしているのでしょう。


山口県の方言特集イメージ

山口県の方言・山口弁特集  光ギフトセンター

 

通販担当の足立です。
私は兵庫県西宮生まれですが5歳のころに山口県下関市彦島(ヒコットランド)に移住し
その後、14歳で千葉に移住し結婚を機に33歳で山口県光市に変則Uターンにて現在に至ります。
方言で困ることはありませありませんでしたが「くつ」「ふく」などの関西のイントネーションが治りませんでしたね(^^)/
山口県も東部・西部・山陰と近県に影響を受けてる方言も多いですね。
今後も更新していきますので、懐かしんでいただいたり、ご指導いただければと思います。
【山口県光市本店通販部】マネージャー 足立基樹