全国のセレクト陶磁器市場

全国の焼き物&陶磁器市場
全国の焼き物&陶磁器市場
記念品・お祝い・敬老などで人気の贈り物をセレクトしました。
陶器には様々な種類のものがあり、日本の様々な場所で製造が盛んです。
美濃焼 岐阜 瀬戸焼 愛知
奈良時代から伝統を守り続けた美濃焼。
1978年【昭和53年】経済産業省【旧通算産業省】伝統的工芸品に認定。
(志野焼、織部焼、瀬戸黒焼、黄瀬戸焼を含む)
日本六古窯の一つ。愛知県の瀬戸市周辺で生産される陶磁器の総称です。
主に東日本広域で流通しており瀬戸物は陶磁器というのが一般化しました。瀬戸焼の仕上がりにより日本の陶磁器の相場が変動すると言われています。
信楽焼:滋賀 有田焼 (伊万里焼):滋賀
日本六古窯の一つ。滋賀県にある甲賀市一帯で製造される陶磁器です。
狸の置物が代表的ですが近年は様々な多種に進化しています。
泉山陶石や天草陶石を原料として佐賀県の有田町一帯で製造されています。伊万里港より流通していたことから【伊万里 ※いまり】と呼ばれています。彩り豊かな陶磁器で見る者を魅了します。
萩焼:山口 備前焼:岡山
萩焼は歴史が長く、山口県の萩市で焼かれる陶器。【一楽二萩三唐津】と
謳われています。茶人好みの器で知られる焼き物です。一部産地に長門市
や山口市の窯元も含まれます。
長年使い込んでいくとお茶やお酒などが浸透し、器表面の色が徐々に変化し、枯れた味わいを見せることで外観は地味ですが根強いファンが多く、萩市内を中心に新人作家さんを含め、多数の窯元が製造しています。
岡山県の備前市周辺で生産される陶器。備前市の伊部地区を中心に製造が盛んなことから【伊部焼 ※いんべやき】ともいわれています。
備前焼の魅力である茶褐色の地肌は【田土 ※ひよせ】と言われています。
九谷焼:石川 萬古焼:三重
石川県の南部地方である加賀市、小松市、能美市、金沢市で製造されている色絵のある磁器です。
【古九谷】と分類されている磁器は、青や緑、そして黄などの濃い色を施した豪華な色合いと斬新で壮大な絵柄が特徴であり、様式から【祥瑞手 ※しょんずいで】【五彩手】【青手】などに分けられています。
三重県の四日市市を中心に生産されており1979年※昭和54年1月より伝統工芸に指定されています。調書である耐久性を最大限に生かした紫泥の急須、土鍋が人気があり、土鍋の国内生産販売は7割〜8割のシェアを有しています。
伊賀焼:石川 清水焼:京都
三重県の伊賀市一帯で生産されている陶器。
日本六古窯に数えられ、古くから伝統の陶器であり日本固有の古陶として有名です。焼き締まった赤褐色の土肌に吹き出た無数の長石粒と折り重なり、質朴な雰囲気で風流な焼き物として好まれています。
京都府で生産されている陶磁器です。
清水寺に続く参道の五条坂界隈【大和大路以東の五条通沿い】に清水六兵衛、高橋道八を初めとする多くの窯元が点在していたのが伝えられています。京都名産の陶磁器です。
清水焼
清水焼

産地は京都。400年の歴史ある伝統の美。
桃山時代から茶の湯とともに栄え江戸時代に数々の名工を排出し
その名を全国に知らせました。
京都ならではの繊細で優雅な作品が特徴です。

  • 清水焼 梅・菊がさね ペアマグカップ KMG-043
  • 清水焼 吉祥鶴 組湯呑 UBH553
  • 清水焼 染花牡丹 組湯呑 トウア160
九谷焼

五彩の繊細な仕上がり、350年を誇る美。
九谷焼の色彩豊かな上絵付けでモダンで高級感がさらに引き立ちます。
時代ごとに特徴的な技術と画風を生み出し今にいたります。
贈り物としても人気の高い九谷焼です。

  • 九谷焼 金彩木立連山に鶴 8号天目花瓶 131067
  • 九谷焼 金彩木立連山に鶴 9号花瓶 131077
  • 九谷焼 古九谷花鳥の図 5.5号皿5枚揃 110182
九谷焼
備前焼
備前焼

備前焼の自然な美しさが人気の贈り物として注目されています。
オリジナルの模様は同じものがなく限定感を感じる至極の一品です。
土と炎が生み出す自然の美を特徴としたあじわいのある名品。
お祝いや贈り物に最適なギフトです。
 

  • 備前焼 山天窯 棧切り 組湯呑 S-1
  • 備前焼 山天窯 棧切り 酒器揃 S-69
  • 備前焼 山天窯 棧切り 組麦酒呑揃 S-3
信楽焼

日本六窯のひとつでもある信楽焼は、素朴な土の風合いを大事にした逸品。
お客様へのおもてなしの時間、ふたりでホッとするあたたかい時間を。
素敵な時間を信楽焼で大事にしてもらいたいですよね。
贈り物にも最適で花瓶などが記念品などで贈られます。
 

  • 信楽焼 8号花瓶 森の都 sha-6
  • 信楽焼 10号花瓶 小花紋 sha-2
  • 信楽焼 つたかずら 花入 tuta-1
信楽焼
萩焼
萩焼

山口県の萩市で生まれた伝統工芸品。
使えば使うほど味わい深い萩焼に魅力のひとつです。
時間と共に表情を変化させ、愛着が増していく焼き物です。
長く使える上質な贈り物を大切な先様へ。

  • 萩焼 姫萩 夫婦湯呑 H3-17
  • 萩焼 陶華山窯 桜睦セット (松尾優子作)
  • 萩焼 茶こし付茶器揃 2-38
有田焼

泉山陶石や天草陶石を原料として佐賀県の有田町一帯で製造されています。

伊万里港より流通していたことから【伊万里 ※いまり】と呼ばれています。

華やかで彩り豊かな上品な作品は海外でも注目されています。

作家も多く、様々なデザインも生まれ多種多様なギフトシーンで活躍しています。

  • 古伊万里 古伊万里様式 雅 盛鉢 21-03
  • 有田焼 香蘭社 カトレア 花瓶 1258-NJ8
  • 有田焼 香蘭社 染付カラー 花瓶 959-NH9
有田焼
美濃焼
美濃焼

色とりどりの多様な色彩に可能性を秘めた陶器です。
美濃焼で創られた花瓶は表現を自然の中に求め、そして生まれた逸品。
匠が手掛けた伝統の名品は美の集大成です。
上質で永く使える贈り物を贈りましょう。

  • 美濃焼 黒伊賀ケズリ8号花瓶 京吹き YJ15-07
  • 美濃焼 手猫工房8号花瓶 タル型 YJ15-02
  • 美濃焼 9号黒伊賀筒型花瓶 オリベ吹き YJ15-03




 

陶器や磁器、焼き物ならギフト通販の専門サイト【 光ギフトセンター】にお任せください!
 

光ギフトセンターは贈答品、返礼品、引き出物の店舗販売を35年間営業しております。
陶器、磁器、焼き物などのテーブルウェアギフトなどもお任せ下さいませ。和食器や洋食器などもご用意!
全国から吟選された話題のブランド陶器ギフトをセレクトしております。
内祝いや贈答品に最適なアイテムをご提供します。上質なギフトを心をこめて!
光ギフトセンタースタッフ一同、先方様とお客様が共にご満足されるサポート&サービスをお約束します。


 

陶器・磁器の手入れ


購入、もしくは贈られてすぐに使い始める前にお手入れをして使用する。


陶器は多孔質ですので水分を吸収し色合いが変わっていく場合があります。

風合いの変化を好む愛好家も多くいらっしゃいますし、時間と共に変化を遂げるのが陶器の最大の魅力というのも愛されるひとつの理由です。

陶器はしっかりとお手入れをすることで永く美しく使えますので覚えておきましょう。大切な予備知識です。





まず最初に、お米の研ぎ汁をお湯の代わりにして陶器を煮沸します。

1、研ぎ汁が沸きましたら、火を弱にして30分程置きます。

2、その後火を消して、研ぎ汁が自然に冷めていくまで置きます。

3、次に水で洗い流し、タオルなどの上で自然乾燥させましょう。

4、釉薬に厚みがある陶器は10分以上水に浸すのが良いでしょう。

5、十分に洗ってからご使用くださいませ。





もうひとつ陶器の手入れで重要なのが乾燥対策です。

洗ってからすぐに収納してしまうと陶器の中に染み込んだ水分が原因でカビなどが生えてしまいます。覚えておいて頂きたいのは

【陶器は使用後はしっかりと乾燥させ使用前は水を染みこませる】という磁器とはまた違ったお手入れが必要です。